高反発マットレス おすすめ メーカー

そもそも高反発マットレスはどんなもの?

 

 

高反発マットレスとは、弾力性や復元性に優れた素材を使用しているため反発力が高いマットレスのことです。主に、ウレタンや化学繊維やラテックスなどが素材として使用されています。

 

高反発マットレスの特徴は、体圧分散に優れていることと寝返りが打ちやすいことです。体圧分散とは、人間が仰向けや横向きの姿勢になった時に体の接地面を増やすことで体圧を分散させることです。具体的には、仰向けに寝ると後頭部、肩甲骨、お尻、かかとなどで体を支えます。

 

横向きに寝ると、側頭部、肩、骨盤、膝、足首などで体を支えます。支えている部分には、体圧が集中していることになります。集中している部分が沈み込むと、体のほかの部分も広く接触するようになります。マットレスに寝ると、体圧が集中する部分は沈み込むので平面に近い状態で体圧を支えることになります。

 

マットレスの反発力が強すぎると、肩甲骨やお尻などの沈み方が足りず体の他の部分が浮いた状態になってしまいます。逆に、反発力が弱いと度を越えて沈み込むため体が曲がってしまいます。優れた高反発マットレスは、反発力が強すぎず沈み込みが一定で止まるため体が平面に近い状態になります。高反発マットレスが腰痛などに対して評価が高いのは、適度な沈み込みで体圧分散が可能なためです。

 

寝返りについても、体が曲がっていると筋力を多く使って寝返りをすることになります。平面に近い状態であれば、楽に寝返りができます。寝返りは、体の歪みを治すための無意識な動作です。筋力を多く使う場合は、目が覚めてしまうことが多いので熟睡できず寝不足にもなってしまいます。高反発マットレスは、無意識に寝返りを打つことができ熟睡にもつながるため評価が高いのです。

 

 

 

高反発マットレスの失敗しない選び方

 

 

 

高反発マットレスは、全体的に体圧分散や寝返りのしやすさなどについては評価が高いのですが通気性や耐久性、硬さなどについては製品によって差があります。

 

ウレタン素材は、通気性が悪いため湿度が高い季節や場所、汗をかきやすい夏場などには不快な寝心地であるとされていました。耐久性もあまりなく、使用しているとすぐヘタリが出ていました。反発力が高いと硬くなって、寝心地が悪いというイメージもありました。現在では、各メーカーの研究開発が進み、材料の配合や素材構造を変えたり表面に肌触りの良い素材を使用してマットレスを多重構造にすることなどによって通気性や耐久性、硬さなどの寝心地までも改善されています。

 

ウレタン素材の通気性や耐久性の悪さを克服した新しい素材として、化学繊維を用いたファイバー素材も高反発マットレスです。化学繊維は、洗うことまで可能です。

 

マットレスは、何度も買い替えたりしたくないものです。失敗しない選び方としては、実物が使用できるのが最も良い方法です。ショールームなどで、実物を見たり触ったり実際寝てみたりできるものはそう多くはないはずです。

 

インターネット購入が主流となった今では、お試し期間や返金保証などのある商品を選ぶことおすすめします。高反発マットレスの購入を検討する方は、腰痛などで辛い思いをされている方がほとんどです。購入ランキングや顧客満足度などの情報は、あくまでも統計的なものです。自分に合うかどうかは、使って確かめるのが一番です。

 

試すことができない場合は、メーカーサイト以外の口コミ記事が参考になります。メーカーサイトの口コミは、商品に対する不満はほどんどありませんので客観的な情報はメーカーサイト以外の口コミ情報です。

 

通常高反発マットレスの選定基準は、ウレタン素材は密度3D以上や体重によって45kg以下は100N(反発力ニュートン)、46〜80kgは140N、81s以上170Nが適しているというのが一般的です。厚みも、7cm以上が一般的です。化学繊維などのファイバー素材でも、厚みがないとヘタリが早く耐久性がなかったり効果を実感できないなどの結果になってしまいます。

 

 

 

おすすめの高反発マットレスメーカーTOP3!

 

13層やすらぎマットレス(旧 雲のやすらぎマットレス)

 

 

 

金額的には高額ですが、何といっても安心信頼できる日本製です。

 

構造については、コイルスプリングとクラウドMAXウレタン、マイティトップUなどを合わせた13層構造は一般的な高反発マットレスにはなかった構造です。

 

体圧分散性能は、コイルスプリングマットレスが一番です。コイルが独立しているため、個人の体に合わせた沈み込みができるからです。

 

弾力性については、コイルスプリングに加えラテックス素材とウレタン素材の良い特徴だけを併せ持つクラウドMAXウレタンという独自素材が注目すべきところです。ラテックス素材の弱点であった、ゴム特有の匂いもないのでゴムが苦手な方でもゴムアレルギーの方でも使用可能です。

 

ラテックスやウレタンの通気性が気になりますが、コイルスプリングの高さと4か所にエアレットという通気口があるのでマット内は空気の通りが良くなって通気性も向上しています。

 

テイジンのマイティトップUが使用されているので防ダニ、防菌、防臭対策も万全です。

 

硬さについては、ハイグレードニットという肌触りが良く、通気性や汗などの吸収性に優れた素材が使われていることで改善されています。ハイグレードニットは、体温変化で熱調整を行う特徴もあるので一年中快適な寝心地が得られます。

 

厚さが27cmなので、折りたたんで収納したり移動には向きませんがベッドマットレスとして使用するには最適です。

 

種類は、シングルとセミダブルとダブルの3つです。金額は、シングル98,000円、セミダブル108,000円、ダブル118,000円で現在全品40,000円引きです。初回購入時のみ60日間返金保証があるので、予算的に余裕があり初めての方は購入を検討する価値がある商品です。

 

 

 

 

モットン

 

 

 

中国製ですが、日本人に合わせて設計されています。

 

体圧分散や寝返りのしやすさは、30〜50代の腰痛の方男女20人を対象にした3夜8時間睡眠連続使用実験で証明しています。実験結果は、女性20回男性29回ですが日本人の寝返り平均回数は20〜30回ですので良い結果を出せています。

 

耐久性については、約11年で3.9%のヘタリという試験結果で証明されています。ウレタン素材を使用していますが、密度は30D以上で反発力は100N、140N、170Nの3種類があるので体重によって選ぶことが可能です。厚みも10cmあるので、十分な性能を持っている高反発マットレスです。

 

種類は、シングルとセミダブルとダブルです。金額は、シングル39,800円、セミダブル49,800円、ダブル59,800円で比較的リーズナブルです。90日の返金保証があるのでお試し可能な商品です。

 

 

 

 

エアツリーマットレス

 

 

 

主な特徴は、JIS日本工業規格に適合したウレタン素材を使用している製品で価格が安いことです。

 

体圧分散や寝姿勢保持のために、エアツリーカッティングという独自のカッティングを行っています。

 

ウレタン素材は、オープンセル構造という通気性の高い構造をしています。そのほかエアースルー構造やサイドメッシュ3Dメッシュ生地を使用することで通気性を向上させています。

 

8万回のJIS規格耐久試験で、復元率97.9%なので耐久性も良い方です。

 

製品保証は1年保証だけなのでお試しはできませんが、シングル970o幅29,800円なので低予算で購入したい方におすすめの商品です。

 

 

 

 

 

まとめ

 

高反発マットレスは、体圧による体の負担軽減に適しています。腰痛などが軽減される可能性は十分あります。

 

使用していた寝具がへたった布団やマットレスなどの場合、高反発マットレスの効果が実感できる可能性は高いです。年齢にもよりますが、使用していた寝具に体が慣れてしまって骨が変形してしまっている場合などは、高反発マットレスにしても無駄になってしまいます。購入前に専門医に相談することも、失敗しないための方法です。